REPAIR

  1. Home
  2. Repair

レッドウィングが「一生モノ」と呼ばれる理由のひとつが、充実したリペア体制です。

履くほどに味わいを深めるレザー、時を経ても色褪せないデザイン、アメリカの自社工場で受け継がれてきた職人技による丹念なつくり。 これらに加えてレッド・ウィングが「一生モノ」と言われるもうひとつの理由が、すり減ったソールを張り替えて長い年月履くことができるということです。 純正パーツによるソール交換のみならず、ステッチの縫い直し、ハトメやフックの付け直しなども可能です。 リペアのご依頼は直営店並びにレッド・ウィング取り扱い店舗にてお受けしております。詳しくはこちらをご確認ください。

ソールの特徴および参考修理価格

※表示価格は参考価格(税抜)になります。修理内容や靴の状況によっては価格が大幅に異なる場合があります。 事前に見積りを依頼の上、修理を行ってください。

トラクショントレッド・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

アウトソールのみの交換(❷)

¥14,000+TAX〜

1950年代に「アイリッシュセッター」に採用されて以降、高い機能性と快適さで評価を得て、多くのレッド・ウィングの靴に使用されるようになったレッド・ウィング社オリジナルのソールです。発泡ラバー素材の厚いソールは、軽量でクッション性とアーチサポートに優れています。また、土踏まずのない平らな底面で、ラフな路面でも安定した歩行が可能です。
<カラー:ホワイト、ブラック>

クッションクレープ・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

アウトソールのみの交換(❷)

¥14,000+TAX〜

トラクショントレッド・ソールの前身として1952年に採用されて以降、レッド・ウィングのワークブーツや「ポストマンシューズ」などのワーク系のシューズに使われていたソールです。トラクショントレッド・ソールとほぼ同じ特徴と機能を持っていますが、耐久性を考慮してデザインされたシンプルなトレッドパターンが特徴です。
<カラー:ブラック>

ビブラム・ラグ・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

アウトソールのみの交換(❷)

¥14,000+TAX〜

1930年代にイタリアの登山家、ヴィターレ・ブラマーニ(ビブラム社の創設者)により開発されて以来、アウトドアで確かなグリップを得られるソールとして高く評価され、今日でも多くの靴に使われているソールです。ソールとヒールが別体となっているものと、一体成型されたものがありますが、レッド・ウィング社が使用しているのは後者です。
<カラー:ブラック>

ビブラム・ロガー・ソール

底全体の交換(❶〜❸)

¥16,000+TAX〜

アウトソールのみの交換(❸)

¥14,000+TAX〜

レッド・ウィング社とビブラム社が1980年頃に、ビブラム・ラグ・ソールをベースに共同開発したロガーブーツ用のソールです。レッド・ウィング社は、1960年代よりビブラム・ラグ・ソールに高いヒールを付けてロガー(木材の伐採、製材に携わるワーカー)用ブーツに使用していました。そのソールを改良してヒール一体型としてつくられたものです。
<カラー:ブラック>

ベックマン・ソール

底全体の交換(❶〜❸)

¥18,000+TAX〜

ヒール交換(❸)

¥6,500+TAX〜

レッド・ウィング社の創業期(20世紀初頭)の靴をイメージして作られたベックマンブーツのために、当時主流であったレザーソールをベースに、ビブラム社製のラバーの半張りをプリセットしてつくられたソールです。レザーのクラシックなテイストと反りの良さに、ラバーのグリップの良さがプラスされています。レザーの抜き出しと半張りのプリセットはレッド・ウィング社の工場で行っています。

グロコード・メダリオン・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥18,000+TAX〜

ヒール交換(❷)

¥6,500+TAX〜

1920 〜 30年代にレッド・ウィング社が多用していたグロコード・ソールは、コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成型し靴底の滑りを防いだ、当時は画期的なソールでした。様々なトレッドパターンのものがあったグロコード・ソールの中から、1920年代後半に多用されたものをベースに、レザーのソールにラバーの半張りをプリセットする形式で復刻しました。

グロコード・キングB・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

ヒール交換(❷)

¥6,500+TAX〜

1920年代に開発された、グロコード・キングB・ソールは、ビブラム・ラグ・ソールが開発される以前に、アウトドアで高いグリップを得ることができる数少ないソールでした。ゴルフやハイキングのようなアウトドアで行うスポーツで履く靴に使われ、高い評価を得たのです。2018年にレッド・ウィング社がビブラムUSA社の協力を得て復刻しました。
<カラー:ダークブラウン>

ニトリル・コルク・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

ヒール交換(❷)

¥6,500+TAX〜

オイルへの耐久性の高いラバー素材にコルク片を混ぜて成型したコルク・ソールは、1950 〜 70年代には頑丈で使いやすいソールとしてワークブーツの靴底の主流でした。コルク片がソールの側面に見えるのがこのソールの特徴です。コルク片は少しでも軽量化し、耐滑性も高めるべく混ぜ込まれたものですが、ずっしりと重みのある頑丈なソールです。
<カラー:ブラック、ブラウン>

ビブラム・#430(ミニラグ)・ソール

底全体の交換(❶〜❷)

¥16,000+TAX〜

ヒール交換(❷)

¥6,500+TAX〜

アウトドア向けに開発されたビブラム社のラグソールパターンをワークブーツ用のソールに組み合わせ、滑りやすい路面でのグリップ力を高めたソールです。厚さはニトリル・コルク・ソールよりも薄く、軽くできており、コルク片も入っていません。すっきりとした印象を与えるソールです。
<カラー:ブラック、ブラウン>

ネオプレーン・コード・ソール

底全体の交換(❶〜❹)

¥17,000+TAX〜

ヒールベース交換(❸〜❹)

¥8,000+TAX〜

ヒール交換(❹)

¥6,500+TAX〜

1920 〜 50年代にレッド・ウィング社が使用していた、グロコード・キングB・ソールのトレッドパターンを受け継ぐソールとして、1980年代に開発されたレッド・ウィング社のオリジナル・ソールです。オイルや薬品に対する耐久性の高いラバー素材を使い、過酷な状況で使われるワークブーツに使用されていました。現在ではエンジニアブーツに使われています。
<カラー:ブラック>

ケミガム・コルク・ソール

底全体の交換(❶〜❹)

¥17,000+TAX〜

ヒールベース交換(❸〜❹)

¥8,000+TAX〜

ヒール交換(❹)

¥6,500+TAX〜

1960年代から現在に至るまで一部のペコスブーツなどに使われている、レッド・ウィングのオリジナル・ソールです。ニトリル・コルク・ソールと同じ、コルクを混ぜ込んだ耐久性の高いラバー素材でつくられています。ニトリル・コルク・ソールよりも薄く、軽くできており、底面にはレッド・ウィングのロゴをかたどったトレッドパターンが入っています。
<カラー:ライトブラウン>

※上記のソール以外の商品(靴)の修理の可否、料金、またソール・ヒールの交換以外の修理などについては、レッド・ウィング・ジャパンまたは取り扱い店舗にご相談ください。

※商品(靴)同様、修理用の部材も仕様が変更される場合がございます。修理する靴に使用されている部材に最も近いものを用いますが、全く同じものを使えない場合もございます。