US 5.0 (約 23.0 cm) Dワイズ
1
US 5.5 (約 23.5 cm) Dワイズ
1
US 6.0 (約 24.0 cm) Dワイズ
1
US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
2
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
2
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
2
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
2
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
2
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
0
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
1
HERITAGE WORK
Irish Setter / 6" Round-Toe
アイリッシュセッター / 6インチ ラウンドトゥ
STYLE NO.9870
レザー : ブラック「クロンダイク」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 8番
Made in USA
¥39,960 (本体価格 ¥37,000)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 1905年に創業したレッド・ウィング社は、創業間もない時期より6インチ丈のラウンドトゥのブーツを、ベーシックなワークブーツとして製造していました。この6インチ丈のラウンドトゥのブーツが、長い歴史の中で進化を遂げたものが、クラシックワーク・ラウンドトゥです。
 まず1940年代後半に、それまでくるぶしの両側の二枚の革をカカト部分で縫い合わせていたものを、くるぶしをカカト側から柔らかく包み込む一枚革としたシームレスバックとし、足当りが柔らかで軽快なつくりとしました。
1953年にはソールに、その前年にレッド・ウィング社が初めて男性用のワーク・ハンティングブーツに取り入れて大きな反響を呼んでいた、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを用いたものが発売となりました。どんな路面でも履きやすく、疲れにくいこのソールは、ワークブーツのソールのスタンダードとなりました。その機能性は今日、街中での着用においても高い耐久性と快適性として発揮されます。
 そうした6インチ丈のラウンドトゥのブーツに「アイリッシュセッター」のタグが付けられたのは、実は1980年代の日本においてです。ハンティングブーツとして生まれ、猟犬アイリッシュセッターをあしらったタグが付けられていた6インチ丈のモックトゥ・ブーツ#875のシリーズとして、当時「アイリッシュセッター」のみに使われていたレザーをラウンドトゥのワークブーツに採用した日本企画のブーツが、最初のアイリッシュセッター・6インチ・ラウンドトゥだったのです。
 その後、日本独自のアイリッシュセッター・6インチ・ラウンドトゥには、様々なレザーのバリエーションが追加されましたが、その中でも、1990年代のストリートファッションのムーブメントの中で時の若者に絶大な支持を得たのがブラックレザーの#8165でした。
 その#8165から、レッド・ウィング社の方針で「アイリッシュセッター」の名前が外され、茶色の芯地にブラックの塗装を施されたレザーが芯までブラックに染められるようになったのが、2000年代初頭です。後年になってブラックの6インチ・ラウンドトゥに「アイリッシュセッター」の猟犬をあしらったタグと、履いていくうちにキズや摩擦の多い部分から黒い塗膜の下の茶色の芯地が見えるという、「茶芯」のブラックレザーを惜しむ声が高まってきました。
 そうした声を受けて、1990年代当時のアイリッシュセッター・6インチ・ラウンドトゥ #8165を再現すべく開発されたのが、この#9870です。
 タグには、1950年代後半~60年代初頭にかけて使われていた刺繍によるアイリッシュセッター・タグを再現したものが使われています。1990年代当時のブラックレザーを再現すべく新たにつくられたブラック・クロンダイク・レザーは、履き込むほどにブラウンの芯地が見え、経年変化を楽しめます。

お手入れ方法

 ブラック・クロンダイクは銀面(革の表面)の塗膜により、オイルが乾きにくいレザーです。その分、頻繁なオイル補給は必要ありませんが、時々ほんの少量の「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を布につけて革をこするようにする事で、クリーニングと適量のオイル補給を同時に行う事ができます(オイルには汚れを溶かす性質があるためです)。
 またこのレザーは、クリームで磨くことで艶を増すことも可能です。キズなどをカバーし、補色をしながらの磨きには「ブーツクリーム/ブラック」もお使いいただけますが、茶芯レザーでもあり、キズや塗膜の擦れが味わいとなるタイプのレザーです。そうした経年変化を楽しみつつ艶をだすためには、補色せずに艶が出せる「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」が適しています。コーヒー豆数粒程度の量のブーツクリームを全体に塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。