US 7.0 (約 25.0 cm) Eワイズ
0
US 7.5 (約 25.5 cm) Eワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Eワイズ
0
US 8.5 (約 26.5 cm) Eワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Eワイズ
0
US 9.5 (約 27.5 cm) Eワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Eワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Eワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Eワイズ
1
HERITAGE WORK
Irish Setter / Canoe Moc
アイリッシュセッター / カヌーモック
STYLE NO.9851
レザー : オロラセット「ポーテージ」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 23番
Made in USA
¥56,808 (本体価格 ¥52,600)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社の「アイリッシュセッター」は、今日では1952年より続くロングセラーである#877のかつての愛称として知られていますが、その名が最初に使われたのは、1950年のことでした。#877の前身であるハンティングブーツの愛称として当時の社のカタログのキャッチコピーで使われたのです。そのブーツの明るいブラウンのレザーが、猟犬アイリッシュセッターの毛並みを思わせたのが、そのネーミングの由来です。
 その後アイリッシュセッターの一連の商品は、本来のターゲットであるハンター達のみならず、全米のワーカーに支持され、販売を拡大し、アメリカを代表するワークブーツとなりました。
 2000年、レッド・ウィング社はその「アイリッシュセッター」の名を、主にワークブーツとして履かれていた一連のアイリッシュセッター・シリーズのブーツから外す決断をしました。現代のハンターがハンティングに求める機能に特化した、別の商品群を新たな「アイリッシュセッター」シリーズとしてハンティング市場に投入するためです。
 その新たな方針を記念する「アイリッシュセッター誕生50周年記念商品」として、かつてよりアメリカのハンター達が好んだ、ハンドソーン・モカシン製法のブーツのデザインディテールをグッドイヤー・ウエルト製法で再現したブーツを発売しました。日本では、それをベースにアレンジを加えた日本企画商品が発売されましたが、このアイリッシュセッター「カヌーモック」は、その日本で発売された「アイリッシュセッター誕生50周年記念商品」をリメイクしたものとして、2014年に発売されたブーツです。
 つま先に、カヌーのような形のステッチラインで表現されているのは、ハンドソーン・モカシン製法のブーツでいうダブルバンプのグッドイヤー・ウエルト製法での応用デザインです。サイドにソールまで下がってくるステッチのないそのデザインは、沼地で鳥を撃つ際に防水性を重視するハンターが好んだものです。また、通常は厚手のレザー一枚で仕上げる腰革(靴のくるぶし部分の両側の部分)にレザーのライニングを用いているのも、ワークブーツよりも高級な仕様が用いられたハンティングブーツの再現です。
 アイリッシュセッター「カヌーモック」は、アイリッシュセッター本来のアイデンティティであるハンティングブーツのディテールを贅沢に取り入れたブーツです。
 #9851のレザーは、1990年代に赤みが強いブラウンとなっていた当時のアイリッシュセッターのレザーを再現した、オロラセット・ポーテージです。2000年に発売された日本企画の「アイリッシュセッター誕生50周年記念商品」にも使われていたレザーです。

お手入れ方法

 レザーの表面が乾き気味になった場合に、「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を薄く塗布してください。塗って30分ほどおいた後に、レザーの表面に残っているオイル分を乾いた布で拭き取ることをおすすめします。
 オロラセット・ポーテージは染色の後、レザーに軽く塗装を乗せたレザーであるため、クリームで磨く事で艶を出すことも可能です。キズなどをカバーし、補色をしながらの磨きには「ブーツクリーム/オロラセット」をおすすめしますが、「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」もお使いいただけます。コーヒー豆数粒程度の量のブーツクリームを全体に塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。