US 4.0 (約 22.0 cm) Eワイズ
1
US 4.5 (約 22.5 cm) Eワイズ
1
US 5.0 (約 23.0 cm) Eワイズ
1
US 5.5 (約 23.5 cm) Eワイズ
1
US 6.0 (約 24.0 cm) Eワイズ
1
US 6.5 (約 24.5 cm) Eワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Eワイズ
0
US 7.5 (約 25.5 cm) Eワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Eワイズ
0
US 8.5 (約 26.5 cm) Eワイズ
0
US 9.0 (約 27.0 cm) Eワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Eワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Eワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Eワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Eワイズ
1
US 12.0 (約 30.0 cm) Eワイズ
1
US 13.0 (約 31.0 cm) Eワイズ
1
HERITAGE WORK
Classic Work / 6" Moc-Toe
クラシックワーク / 6インチ モックトゥ
STYLE NO.8179
レザー : ブラック「クローム」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 23番
Made in USA
¥39,852 (本体価格 ¥36,900)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、ワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し、発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。このブーツは発売と同時に大成功を収め、数年で様々なバリエーションが広がりました。今日クラシックワークと呼ばれる、6インチ丈の#875もそのひとつです。
 モカシンタイプのつま先(モックトゥ)などが持つ履きやすさ。どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいトラクショントレッド・ソール。さらに、良質なレザーや堅牢なつくりがもたらす機能性と耐久性で、#875は#877と共にワーカー達に絶大な支持を得て、アメリカを代表するワークブーツとなり、その後約65年経った現在でも、レッド・ウィングを代表するブーツとして愛され続けています。
 1995年、この#875が日本のストリートファッション・ムーブメントの中で注目されていた時に、その市場の嗜好を取り入れる形で、当時アメリカで特にタフな環境で履かれるワークブーツに使われていた、厚い塗膜を持つブラック・クローム・レザーを使ったバリエーションである#8179が生まれました。ブラックのレザーに白く厚いソールが強い個性となったこのブーツは、ストリートファッションシーンで大きな旋風を巻き起こし、以来、日本におけるレッド・ウィングを代表するブーツのひとつとなり、今日まで続くロングセラーとなっています。

お手入れ方法

 ブラック・クローム・レザーは厚い塗膜を持っているため、レザー内のオイルが抜けにくく、他のオイルドレザーに比べてオイルの塗布の必要性が低くなっています。時々、キズが入ったあたりに「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を薄く塗布する程度で十分です。全体にオイル系ケア製品を塗る場合は、乾いた布に少量のオイルを付け、ごく薄く塗ってください。オイルにはレザー表面の汚れを溶かす性質もあるため、クリーニングをする事ができます。
 ブラック・クローム・レザーが持っている塗膜は、クリームで磨く事で艶が出ます。艶を出したい場合は、ブーツクリームもおすすめです。レザー芯まで黒く染められているため、キズなどが入ってもあまり補色の必要がなく、どのような色のレザーにも使える「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」が便利だと思いますが、「ブーツクリーム/ブラック」ももちろん、お使いいただけます。コーヒー豆数粒程度の量のブーツクリームを全体に塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。