US 4.0 (約 22.0 cm) Eワイズ
1
US 4.5 (約 22.5 cm) Eワイズ
1
US 5.0 (約 23.0 cm) Eワイズ
1
US 5.5 (約 23.5 cm) Eワイズ
1
US 6.0 (約 24.0 cm) Eワイズ
1
US 6.5 (約 24.5 cm) Eワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Eワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Eワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Eワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Eワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Eワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Eワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Eワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Eワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Eワイズ
1
US 12.0 (約 30.0 cm) Eワイズ
1
US 13.0 (約 31.0 cm) Eワイズ
1
HERITAGE WORK
Classic Work / 6" Moc-Toe
クラシックワーク / 6インチ モックトゥ
STYLE NO.8173
レザー : ホーソーン「アビレーン」ラフアウト
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 23番
Made in USA
¥39,852 (本体価格 ¥36,900)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、ワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し、発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。このブーツは発売と同時に大成功を収め、数年で様々なバリエーションが広がりました。今日クラシックワークと呼ばれる、6インチ丈の#875もそのひとつです。
 モカシンタイプのつま先(モックトゥ)などが持つ履きやすさ。どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいトラクショントレッド・ソール。さらに、良質なレザーや堅牢なつくりがもたらす機能性と耐久性で、#875は#877と共にワーカー達に絶大な支持を得て、アメリカを代表するワークブーツとなり、その後約65年経った現在でも、レッド・ウィングを代表するブーツとして、愛され続けています。
 #8173はこの#875に、当時のアメリカ市場では主にペコス・ブーツなどウエスタン系のブーツや、アウトドア・ブーツに使われていたベージュ色のラフアウトレザーであるホーソーン・アビレーンを使ったものとして、1989年に日本企画として誕生しました。レザーの起毛面を薄くスライスしてつくる多くのスエードレザーと違い、レザーの繊維密度が最も高い部位である銀面(レザー表面)を内側に使い、起毛面を外側に使う、つまりレザーを裏返して使うラフアウトレザーは、元々アウトドア用の靴に多く用いられるものでした。#875の型に、このラフアウトレザーを組み合わせた#8173は発売以来、日本市場で愛され続け、現在まで続くロングセラーとなっています。

お手入れ方法

 ラフアウトレザーであるホーソーン・アビレーン・レザーは、オイルを含ませずにつくるドライ・タン・レザーです。オイルを与えずともしなやかさを維持すべくつくられており、オイルを与える必要はありません。
 起毛面のお手入れとして、「ヌバック・スエード・クリーナー」付属のラバーバー(消しゴムタイプのもの)で表面の汚れをとり、その後、同じく付属のナイロンブラシをレザー表面にかけて起毛させてください。また雨の日などに履く場合は、事前に「レザー・プロテクター」を吹きかける事で撥水性を与え、汚れの浸み込みを防ぐことができます。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。