US 4.0 (約 22.0 cm) Dワイズ
1
US 4.5 (約 22.5 cm) Dワイズ
1
US 5.0 (約 23.0 cm) Eワイズ
1
US 5.5 (約 23.5 cm) Eワイズ
1
US 6.0 (約 24.0 cm) Eワイズ
1
US 6.5 (約 24.5 cm) Eワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Eワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Eワイズ
0
US 8.0 (約 26.0 cm) Eワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Eワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Eワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Eワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Eワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Eワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Eワイズ
1
US 12.0 (約 30.0 cm) Eワイズ
1
US 13.0 (約 31.0 cm) Eワイズ
1
HERITAGE WORK
Classic Work / 6" Round-Toe
クラシックワーク / 6インチ ラウンドトゥ
STYLE NO.8167
レザー : ホーソーン「アビレーン」ラフアウト
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 8番
Made in USA
¥34,992 (本体価格 ¥32,400)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 1905年に創業したレッド・ウィング社は、創業間もない時期より6インチ丈のラウンドトゥのブーツを、ベーシックなワークブーツとして製造していました。この6インチ丈のラウンドトゥのブーツが、長い歴史の中で進化を遂げたものが、クラシックワーク・ラウンドトゥです。
 まず1940年代後半に、それまでくるぶしの両側の二枚の革をカカト部分で縫い合わせていたものを、くるぶしをカカト側から柔らかく包み込む一枚革としたシームレスバックとし、足当りが柔らかで軽快なつくりとしました。
 1953年にはソールに、その前年にレッド・ウィング社が初めて男性用のワーク・ハンティングブーツに取り入れて大きな反響を呼んでいた、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを用いたものが発売となりました。
 どんな路面でも履きやすく疲れにくいこのブーツ#766は、その後アメリカで長い間販売されていましたが、1984年に終売となってしまいます。日本市場では、この#766をベースとした#8165と#8166が、1980年代後半に人気が出てきており、そのバリエーションを拡げるべく生まれたのが、ベージュ色のラフアウトレザーであるホーソーン・アビレーンを使った#8167です。
 このレザーは、当時アメリカで主にペコスブーツなどウエスタン系のブーツや、アウトドア・ブーツに使われていたものです。レザーの起毛面を薄くスライスしてつくる多くのスエードレザーと違い、レザーの繊維密度が最も高い部位である銀面(レザー表面)を内側に使い、起毛面を外側に使う、つまりレザーを裏返して使うラフアウトレザーは、元々アウトドア用の靴に多く用いられるものでした。履き込んでいくと、汚れなども深い味わいとなる、経年変化が楽しめるレザーです。
 レッド・ウィングの伝統的ワークブーツとこのレザーの組み合わせは、特に日本において、レッド・ウィングのスタンダードにもなり、いくつかの代表的デザインに今でも使われています。

お手入れ方法

 ラフアウトレザーであるホーソーン・アビレーン・レザーは、オイルを含ませずにつくるドライ・タン・レザーです。オイルを与えずともしなやかさを維持すべくつくられており、オイルを与える必要はありません。
 起毛面のお手入れとして、「ヌバック・スエード・クリーナー」付属のラバーバー(消しゴムタイプのもの)で表面の汚れをとり、その後、同じく付属のナイロンブラシをレザー表面にかけて起毛させてください。また雨の日などに履く場合は、事前に「レザー・プロテクター」を吹きかける事で撥水性を与え、汚れの浸み込みを防ぐことができます。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。