US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
1
SERVICE SHOES / WORK OXFORD
Work Oxford Round-Toe
ワーク・オックスフォード ラウンドトゥ
STYLE NO.8005
レザー : カッパー「ラフ&タフ」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 8番
Made in USA
¥36,936 (本体価格 ¥34,200)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、ワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し、発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。このブーツは発売と同時に大成功を収め、翌年にはそのバリエーションの開発が始まりました。6インチ丈のブーツ、プルオンブーツ、チャッカ、そしてオックスフォード(短靴)などです。
 白い厚底であるトラクショントレッド・ソールには、そのクッション性と平らな底面で、どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいという大きなメリットがあります。特に、工事・建設現場のような環境で、その履きやすさが大きく評価され、様々なワークブーツに、さらにはアウトドアでのアクティビティや軽作業用のオックスフォード(短靴)にも使われるようになりました。
 現在のワークオックスフォード・ラウンドトゥの原型は、それらをベースにして1980年代半ば、日本市場向けにモックトゥのオックスフォードと共に開発されたものです。当時日本では、アメリカでワークブーツ(作業靴)としてワーカー達に履かれていたレッド・ウィングを、若者達が新しいファッションアイテムとして街中で履き始めていました。その中でも主力商品であった6インチ丈のモックトゥとラウンドトゥのそれぞれのブーツのローカット版として、ブーツと同じレザーとラスト(木型)を使って企画されたものです。
 ワークブーツ用のゆったりとしたラストを使ってつくられるラウンドトゥは履き心地も良く、耐久性を求められるワークブーツ用になめされる厚手の良質なレザーは、履くにつれて味わいを深めます。どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくい白い厚底であるトラクショントレッド・ソールを組み合わせることで、高い機能性を持つ幅広い用途で活躍する短靴となっています。
 ワークオックスフォード・ラウンドトゥ#8005のレザーは、ヌバック・レザーの一種である、カッパー・ラフアンドタフ・レザーです。カッパー・ラフアンドタフは、銀面(革の表面)をわずかに擦って加工し、オイルとワックスを加えたヌバック・レザーで、独特のムラ感と、靴の仕上げ段階で加えられるシワ感を持っています。このレザーでつくられたブーツは、最初から履き込まれたブーツのような味わいを持っています。

お手入れ方法

 カッパー・ラフアンドタフは、銀面を擦って加工して独特の風合いを出してあるレザーです。「擦った」銀面は、加工されていない銀面と比べるとオイルの吸収が格段に良いため、オイル系のケア製品を塗るとレザーの色が濃くなってしまいます。また、ケア製品に含まれるワックス成分が表面を覆って、レザー本来のざらつき感が失われてしまいます。これを防いで、レザー本来の風合いを維持するには、オイル系のケア製品ではなく、「レザークリーム ニーツフットオイルブレンド」を薄く塗布してください。
 「レザークリーム ニーツフットオイルブレンド」は少量のオイルと水分とをブレンドした乳化性クリームですが、一般のオイル系ケア製品や乳化性クリームに含まれているワックス分を含んでいないため、オイルに対してデリケートなレザーを保湿するのに最適です。
 塗布した後、少しおいてレザーの表面が乾いてきたら、「ヌバック・スエード・クリーナー」付属のナイロンブラシでレザーを全体的にブラッシングして、レザー表面のざらつき感を出してください。
 カッパー・ラフアンドタフ・レザーはオイルとワックスを豊富に含むレザーです。頻繁なお手入れは必要ありませんが、レザーの表面が乾いてきた、と感じられたら上記のようなお手入れを行ってください。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。