US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
1
HERITAGE WORK
Classic Work / 8" Moc-Toe
クラシックワーク / 8インチ モックトゥ
STYLE NO.877
レザー : オロ「レガシー」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 23番
Made in USA
¥45,900 (本体価格 ¥42,500)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、男性用のハンティングブーツに初めて導入しました。8インチ丈のブーツ#877です。
 このブーツは、発売直後からハンター達のみならず、全米のワーカーからも大きな支持を得て、大成功しました。ハンティングのフィールドで疲れにくく、靴底に泥がつきにくいため足音が静かなこのソールは、建築現場でも梯子や梁の上、また石や木材の上でも歩きやすく、快適だったのです。また水の浸入を防ぐために靴底近くに縫い目を避けたデザイン、泥や水の浸入を防ぐために履き口まで縫い付けられたベロ、また、ハンター達が以前から好んでいたモカシンタイプのつま先(モックトゥ)も、ワークの現場でも実用性と履きやすさにつながりました。
 今日クラシックワークと呼ばれる#877の優れた機能性は、現代の街中での着用でも効果を発揮します。長時間歩いても疲れにくいクッション性を持つソール、足の周囲にステッチがない事で足当りが良く、快適な履き心地などです。
 #877のパターン(型紙、つまりは縫い合わせる前のレザー部材のデザイン)は今日まで全く変更されていません。これも発売当初からいかに高い完成度を持っていた靴であるかを物語っています。
 #877は、レッド・ウィング社の歴代の靴の中でもベストセラー・ブーツであり、アメリカを代表する靴であるとも言えます。本来は作業着であったジーンズがアメリカを代表するファッションとなったように、ワークブーツはアメリカを代表する靴であるからです。
 この#877には、1950年代の発売当初より1990年代まで、オロラセットと呼ばれるブラウンのオイルドレザーが使われていましたが、その長い歴史の中で、時には明るいゴールドのトーンを持ち、また時には赤みが強くなり、とその色合いが何度か変化しました。2014年にレザーを、本来のオイルを豊富に含むオレンジがかったブラウンのレザーに戻すことになり、出来上がったのが現在のオロ・レガシー・レザーです。特にスムーズな銀面を持つ原皮を選び、なめした後に染め上げるのみで銀面に塗装を一切しないため、自然な肌目を持つレザーに仕上がっています。履き込むほどに表情を増し、味わいが深まります。

お手入れ方法

 レザーの表面が乾き気味になった場合に、「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を薄く塗布してください。塗って30分ほどおいた後に、レザーの表面に残っているオイル分を乾いた布で拭き取ることをおすすめします。オロ・レガシーは染色のみで塗装を一切しないレザーのため、塗布後はレザーの色が少し濃くなりますが、次第に元の色合いに戻ります。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。