US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
0
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
2
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
0
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
0
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
1
CLASSIC DRESS
Caverly Chukka
キャバリー・チャッカ
STYLE NO.9096
レザー : ブラック「エスカイヤ」
ソール : グロコード・メダリオン
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 210番
Made in USA
¥49,680 (本体価格 ¥46,000)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィングの「クラシック・ドレス」は、社の創業期から20世紀半ばまでの靴が持っていた、実用的でありながら、フォーマルな姿を、今日のレッド・ウィングの靴作りで再現したシリーズです。
 キャバリー・チャッカは、社の創業期に存在した6インチ近い丈の丸みを帯びた特徴的な羽根先を持つチャッカ風ブーツを、現代のチャッカブーツの丈にリメイクし、ドレスライクな装いからカジュアルなスタイルまで幅広く楽しめるブーツに仕上げました。
 ややタイトなフィットの「210番」ラスト(木型)を使用しています。このラストの場合、他のレッド・ウィングよりもハーフサイズ大きいサイズでほぼ同じフィットとなるケースが多いようです(履く方の足の形によってはそうでない場合もございます)。「210番」ラストは1950年代より今日まで続くレッド・ウィングのベストセラー、ポストマン・シューズのラストでもあり、フォーマルな制服を着て働く郵便局員のスタイルにも合うようにデザインされたドレスタイプのラストです。
 ソールには、レザーにラバーの半張りを取り付け、反りの良さとグリップを両立し、耐久性にも優れたグロコード・メダリオン・ソールを使用。ラバー部分の底面パターンには、1920年代にレッド・ウィングが好んで使っていたグロコードソールを再現しています。
 キメの細かい肌質のヘファーハイド(若い未経産の牝牛の皮)のみを使い、染色後の銀面(革の表面)にレジン系のトップコーティングを施し、強い艶をもたせたエスカイヤ・レザーは、撥水性にも優れており、実用性の高いレザーです。履きこむごとに独特なシワが刻まれ、一般的なドレスシューズにはない味わいが出てきます。

お手入れ方法

 エスカイヤ・レザーは、クリームで磨いてください。艶と輝きが増します。キズなどをカバーし、補色をしながらの磨きには「ブーツクリーム/ブラック」が最適ですが、「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」もお使いいただけます。ごく少量のブーツクリームを全体に薄く塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 また、こまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。