US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
0
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
1
※30%オフ価格となっております
CLASSIC DRESS
Mil-1 Saddle Oxford
ミルワン サドル・オックスフォード
STYLE NO.9089
レザー : ブラック「フェザーストーン」
ソール : グロコード・メダリオン
製法 : グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : ミルワン
Made in USA
¥38,404 (本体価格 ¥35,559)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィングの「クラシック・ドレス」は、社の創業期から20世紀半ばまでの靴が持っていた、実用的でありながら、フォーマルな姿を、今日のレッド・ウィングの靴作りで再現したシリーズです。この時代は、アメリカ人の日常の靴がブーツから短靴に移行した時期でもありました。自動車の普及と共に道路の舗装が進んだ事で未舗装道路の泥やホコリで足元が汚れる事が減り、1930年代にはオックスフォード(短靴)の市場が拡大しました。レッド・ウィング社もそうしたタイプの靴を少しずつ広げていった時期でした。
 Mil-1 (ミル・ワン) サドル・オックスフォードは、そうした時代のレッド・ウィングのオックスフォードをベースに、当時レッド・ウィングが、スポーティーな短靴としてつくっていた、サドルシューズのデザインを取り入れてつくられました。
 ラスト(木型)は、後の時代に米軍でオフィサーシューズ用に開発された「Mil-1 ラスト」が使われています。足指あたりの幅をしっかりとりつつ、爪先を伸ばす事でスマートなシェイプに仕上げた、米軍規格らしい実用的な設計のラストです。
 ソールには、レザーにラバーの半張りを取り付け、反りの良さとグリップを両立し、耐久性にも優れたグロコード・メダリオン・ソールを使用。ラバー部分の底面パターンには、1920年代にレッド・ウィングが好んで使っていたグロコードソールを再現しています。
 レザーは、ベックマンブーツ用に開発され、現在ではレッド・ウィングを代表するレザーのひとつでもあるフェザーストーンです。原皮の中から5%程度しか見つからない、特にスムーズな銀面を持つものを選び、なめしの後、アニリン系の染料で染め、ワックスとオイルを含ませる事で、独特の輝きをもたせたものです。クリームでの磨きで艶が増し、味わいを深めます。

お手入れ方法

 フェザーストーン・レザーは、クリームで磨く事をおすすめいたします。艶が増し、味わいを深めます。キズなどをカバーし、補色をしながらの磨きには「ブーツクリーム/ブラック」が適していますが、「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」もお使いいただけます。コーヒー豆数粒程度の量のブーツクリームを全体に塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 艶を抑えて、しっとりと仕上げたい場合は、「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を塗ることも可能です。靴全体に薄く塗布して、30分ほどおいた後、レザーの表面に残っているオイル分を乾いた布で拭き取ることをおすすめします。
 また、こまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。