US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
1
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
1
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
1
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
1
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
1
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
1
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
0
SERVICE SHOES / WORK OXFORD
Work Oxford Round-Toe
ワーク・オックスフォード ラウンドトゥ
STYLE NO.8001
レザー : オロラセット「ポーテージ」
ソール : トラクショントレッド
製法 : オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型) : 8番
Made in USA
¥36,936 (本体価格 ¥34,200)
ただいま在庫がございません
¥ 10,000以上のご購入で送料無料

We do not ship overseas.

発送は日本国内に限らせていただきます。

商品について

 レッド・ウィング社は1952年、白く底が平らでクッション性に富むトラクショントレッド・ソールを、ワーク・ハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入し、発売しました。8インチ丈のブーツ#877です。このブーツは発売と同時に大成功を収め、翌年にはそのバリエーションの開発が始まりました。6インチ丈のブーツ、プルオンブーツ、チャッカ、そしてオックスフォード(短靴)などです。
 白い厚底であるトラクショントレッド・ソールには、そのクッション性と平らな底面で、どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくいという大きなメリットがあります。特に、工事・建設現場のような環境で、その履きやすさが大きく評価され、様々なワークブーツに、さらにはアウトドアでのアクティビティや軽作業用のオックスフォード(短靴)にも使われるようになりました
 現在のワークオックスフォード・ラウンドトゥの原型は、それらをベースにして1980年代半ば、日本市場向けにモックトゥのオックスフォードと共に開発されたものです。当時日本では、アメリカでワークブーツ(作業靴)としてワーカー達に履かれていたレッド・ウィングを、若者達が新しいファッションアイテムとして街中で履き始めていました。その中でも主力商品であった6インチ丈のモックトゥとラウンドトゥのそれぞれのブーツのローカット版として、ブーツと同じレザーとラスト(木型)を使って企画されたものです。
 ワークブーツ用のゆったりとしたラストを使ってつくられるラウンドトゥは履き心地も良く、耐久性を求められるワークブーツ用になめされる厚手の良質なレザーは、履くにつれて味わいを深めます。どのような場所でも歩きやすく長時間履いても疲れにくい白い厚底であるトラクショントレッド・ソールを組み合わせることで、高い機能性を持つ幅広い用途で活躍する短靴となっています。

お手入れ方法

 レザーの表面が乾き気味になった場合に、「ミンク・オイル」または「オールナチュラル・レザーコンディショナー」を薄く塗布してください。塗って30分ほどおいた後に、レザーの表面に残っているオイル分を乾いた布で拭き取ることをおすすめします。
 オロラセット・ポーテージは染色の後、レザーに軽く塗装を乗せたレザーであるため、クリームで磨く事で艶を出すことも可能です。キズなどをカバーし、補色をしながらの磨きには「ブーツクリーム/オロラセット」をおすすめしますが、「ブーツクリーム/ニュートラル(無色)」もお使いいただけます。コーヒー豆数粒程度の量のブーツクリームを全体に塗布したのち、柔らかい布やブラシで磨いてください。
 また、日頃のこまめなブラッシングもブーツの汚れやカビを防ぐのに有効です。ホコリをかき出す効果の高い長めのホースヘア製のレッド・ウィング「ブラシ」をお使いください。